« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

アンサンブル室町 百扇帖

この情報はしばらくトップに掲載します。
いつもの日記の更新は、この情報の下にしていきます
heart

 

2010年2月24日(水)

日本大学 カザルスホール

アンサンブル室町 公演

ポール・クローデルの『 百扇帖 』

18:30開場 19:00開演

一般 4000円  学生 2500円

 

Muromatihyakuou1

Muromatihyakuou2

 

アンサンブル室町とは・・・

バロック音楽と日本伝統楽器の演奏家、舞踏家、
俳優などの人々が集まって活動しています。
2007年からの公演や、ワークショップ、
また、今後は作曲コンクールも開催予定です。

「百扇帖」とは・・・

フランスの詩人ポールクローデル著の詩集です。
こよなく日本を愛し、幾度も日本に滞在。
俳諧の形式で150の詩句が載った「百扇帖」から生まれた
アンサンブル室町の舞台をお楽しみください。

アンサンブル室町の音楽、というか「舞台」
新しさと独特な不思議な妖しさがあると思います。
うまく言えませんが。
うまく言えないので、ご来場いただいて体感してくださいませ!!
演奏曲も結構たいへん。
必死です。

チケットございます!

コメント欄にご記入下されば、こちらからご連絡いたします。

ぜひぜひご来場下さいませsign03

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おそるべし!

先日、小学校で公演してきました。

邦楽器のことを知りましょう!

ということで、たまに学校公演などをいたします。

今回は、子供たちにお箏の体験チャレンジをしてもらったのですが。

おそるべき子供たち・・・

30分前に初めて見せた「さくらさくら」の譜面を

もうすらすらと弾いている!!

Tyuuou1  

 

子供ってほんとうにすごいなぁ。

そしてうらやましぃ・・・

 

小学校公演で楽しみのひとつ。

ザ・給食。

Kyuusyoku  

 

お昼御飯としていただけることが多いのです。

最近のこどもたちも美味しい給食を食べてます。

ごはんにかかっているふりかけ

たぶんこれ、手づくり!!

とても美味しかったです。

ごちそうさまでした (≧∇≦)

 

そんなこんなで小学校公演、とっても楽しいです scissors

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町田こども劇場

先日、「町田こども劇場」で演奏させていただいてきました!!

聞きにきてくれたたくさんの子供たちやお母さん方、

また主催者の方々、

美味しいご飯を用意してくれた方々、

この会に呼んでくださった田原先生、

本当にありがとうございました!!

んんなぁななんと!!

琵琶11人で演奏した曲もあったんですよ~。

残念ながら、クボタも演奏しているので

舞台で11人並んでいるところは写真に収められなかったのですが・・・

かわりにこんな写真を。 

Kodomogekijou1  

 

ここに11人琵琶が並んだわけですよ。

めったに見られない図だったと思います。

 

ついでにこんな写真も。

Kodomogekijou2_2  

以前も登場したと思いますが、

ハンサムガール、打楽器奏者TDさん。

『音出しOKの安くて駅に近い物件はないかなsign02』 の図。

TDさんは、かわいくて楽しくて、しかも演奏はかっちょよいgood のだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備はOK

琵琶のハードケースを作りましたscissors

最近、飛行機とかの
持ち込み荷物の大きさ制限が厳しくなったりして
もういい加減ハードケース作らなくっちゃ・・・と思っていたのです。

201002082340000  

 

これで琵琶が2面入ります

けっこうコンパクトでしょー?

うーれしーいheartheartheart

 

ジェラルミンじゃないけれど
音響機材とかを入れるハードケースと同じ
丈夫な材質
で出来ています。

これでいつでも遠方の仕事に行けますよ!!

北海道から沖縄まで!

もちろん海外もーーーーー!!!

カモン!! 海外の仕事!! 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジャグジーの悲劇

仕事で鹿児島に行くことがちょいちょいあるクボタですが

いつもお世話になっている旅館?

というかホテルのお風呂 spa

「海水ジャグジー」なるものがありまして。

とっても気持ち良いので、よく利用させてもらってます。

 

で、ジャグジーなので、ブクブクしてますわな。

ぶくぶくぶくぶくぶぶぶぶぶぶくくくぶぶぶぶう~

アワがすごいわけで。

湯船?の底が見えないわけで。

わたしは湯船のフチに

段差(階段?)があると思い込んでいたわけで。

 

それが

無かったわけで・・・

 

もう一段、段差があると思ってた時の動き

お風呂でやってしまったわけで・・・

 

湯船のフチに、

おもいっきりヒザをぶっつけたわけで・・・

 

お風呂で。

いわゆる完全無防備な状態で。

不意をつかれた時の、この動揺ったらもう!!

 

宮本武蔵は正しかった。

「無防備な状態を避けるため、武芸者は風呂に入ってはならん。」

 

他のお客さんいなくてよかったです。

武芸者がいたら、斬られてたところでした。

あぶないあぶない。

 

とりあえず、めっちゃ青アザになってます。

ええ。

それはそれは見事な。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダッシュして車酔い

飛行機 airplane とか電車 train とかに一人で乗ると

間違いなく1分以内に寝てしまうクボタです、どうもこんばんは。

 

あれってなぜだろう? なぜ眠くなるんだろう?

ふしぎだな~。

パブロフの犬、みたいな感じなのかしら?

 

なので、わたしは飛行機ではいつも寝てすごしています。 

でも、JALに乗ったとき

機内誌 book の浅田次郎さんのエッセイ pen を読んでから寝ることにしてます。

「つばさよつばさ」っていう連載なんですが

とっても読みやすく、しかも「 クスッheart04と笑ってしまう感じなのです。

楽しくておかしくてほのぼのsunで、かなり好きですheart

 

なので、JALさんは今とってもたいへんだと思いますが、

ぜひこれからも頑張ってほしいsign01

浅田次郎さんのエッセイをこれからも読みたいsign03

そんな理由でJALさんを応援してます・・・coldsweats01

 

 

がっ!

こないだは飛行機の到着が遅れてしまって

あやうく空港からのバス bus に乗り遅れそうになってしまいました。

なにせ90分に1本しかない路線のバスで

それに乗りおくれると、仕事に間に合わんぞぃっ wobblysweat01

という危機的状況。

 

12:47に飛行機が空港に着き、

12:59に荷物カウンターから荷物をひきとり、

13:00のバスに乗る。

 

荷物をひったくって空港を飛び出し

バスの切符売り場のおっちゃんに

「○○行きのバスはっsweat01sign02と聞いたら

いっちばん奥ののりばだぞぃ。 

おっ!? もう出発時間じゃ~!走らんと間に合わんぞ~~~!!

(間に合わんぞ~~~!! 合わんぞ~~! んぞ~・・・!)」

という声を後ろに聞きながら、

いやじつは、乗り場がいちばん奥なのも出発時間もわかってるんだけど、気をきかせて無線とかインカムとかで運転手さんに連絡して、ちょっとだけ待ってもらうとかぁ~~、そういうのを期待して聞いたんだけどぉ~~!! やっぱりムリか~~~!!!)

と思いつつ、猛ダッシュ shoedashdashdash

で、あとバスまで5mのところで

「プシュ~~ッ」ってドア閉まっちゃった。

そして出発。

むきゃーーー、うそでしょーーーーーー!!!

 

もちろん。

「すびばせ~~~ん、まって~~~sign01sign01sign01と絶叫して

止まってもらいました。

琵琶歌ばりに腹からup声だしました

 

(・・・もしかして走ってるわたしに気づいてたけど、からかったのか?)

っていうくらいにマンガみたいに直前にドア閉まったけど・・・。

 

いや。

shine そんな邪悪なかんがえはやめよう shine

shine ありがとう、運転手さんよ shine

おかげで仕事にも間に合いました。ほんとに助かりました。

 

でも、猛ダッシュが効いてバスで車酔いtyphoondespairtyphoon

うぅぅううう~、気持ち悪かった・・・。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

筋肉ゾーキョー剤

アメリカの大リーグで

引退したスター選手が

『わて、現役時代に筋肉増強剤つかっててん。ほんとにすんまへん。』

って告白したりしてましたよね。

あとオリンピックでメダルとってた選手とかも

結構そういう事件ありますよね。

 

せつないなー。 ほんとに。

 

たしかに卑怯だしズルイしルール違反だし

絶対にダメな事なんですけど。

でも、でもでもでも

何億っていうお金もらってて、

何億っていう人たちから期待され応援され、

常にあこがれの大スターでいなければいけない、

常に”特別な人”でいなければならない、

っていう環境の中で

どーーーしても調子が悪い時、どうしますか?

体力の衰えや、スランプを感じた時、どうしますか?

どんなに天才だって、不調の時はあるだろうし。

必死にもがいて苦しんで何とかしなきゃ何とかしなきゃ、と思ってても

結果がついてこなかったら

あーた、どうしますか?

 

そして目の前に

オクスリが。

 

う~ん・・・  どうする?

 

『これを飲めば、マリア・カラス級の歌手になれるかもね』

っていうオクスリがあったら、

オペラ歌手だったら絶対飲むでしょ。

 

『これを飲めばアインシュタイン級の天才になれるかもね』

っていうオクスリがあったら

科学者は絶対飲むでしょ。 

 

『これを飲めば”耳なし芳一”ばりに平家の亡霊が迎えに来ちゃうくらいすごい琵琶奏者になれるよ』

っていうオクスリがあったら

あたしだったら絶対に飲む!!

迷わずに飲む!!

食べる前に飲む!!!

 

そして 亡霊 shadow 迎えに来て、耳ear取られちゃう。

 

や、やっぱり飲まない方がいいのかな・・・?

 

天才だって大変なんですね~、きっと。

凡人なら、もっともっと地道に努力しないといけないのでしょうね。

あー、凡人クボタ、がんばらねば。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »