« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

”Grazia”ってなんて読むでしょーか?

「Grazia」とはグラツィアとよむのです。

イタリア語で”優美、上品、愛嬌”という意味だそうです。

女性の方はご存知の方いらっしゃると思いますが、

「Grazia」という女性ファッション誌に、

谷中琵琶Style

川嶋信子(相方)と久保田晶子(ワタクシ)が載りますよ~。

12月号(11/1発売)に

『 新30代の働き方 

いちばん好きなことを「私の仕事」に 』

という特集で、好きな事を仕事にした女性達の現実

というような企画の記事が載ります。

 

どうやって好きな事を仕事にしたのか、

好きな事といえども仕事にすればツライこともあるでしょ?

実際どうなのよ、えぇ?

ってなことも書かれてます。

わお!現実的~~~!!

 

谷中琵琶Style以外には、庭師さんとか、ぬいぐるみ作家さんとか、家具ショップオーナーさんとか、子供服の輸入販売をしてる方とか、映画の宣伝パブリシストさんとかの記事が載ってます。

世の中いろんな人がいますねぇ~。おもしろ~い!

あと、キャスターの安藤優子さん。

安藤さん、ホントかっちょいいわ~。

 

姿勢の悪い私(反省 crying)、クボタも谷中琵琶Styleとして

写真と記事が載ってますので、ぜひ見てみてくださいねー。

 

ちなみに。

12月号に載ってる

黒のコートがすっごいステキ~ heart04 ほしい~ heart04

¥540,000だったけど。

¥54,000じゃないですよ、ゴジュウヨンマン円です。

 

あと~、ワンピースもステキなのがいっぱい~ heart04

¥170,000とかだけど。

¥17,000じゃないですよ・・・(以下略)

あと~、あとね~、バッグとか~、靴とか~・・・(以下おなじく略)

 

ムリ。

 

はい。 ムリよ。

これが私の現実です (*゚▽゚)ノ

 

でもいいの shine クボタ、がんばって生きてま~すshine

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画

最近、ちょっとだけバタバタしており

息抜きをしていなかったので

やること山盛りなのに、映画を見てきました。

ジム ジャームッシュ監督の

「THE LIMITS OF CONTROL」 という映画。

 

・・・。

・・・・・・。

ぜんっぜんわかんなかったー(lll゚Д゚)

内容、ぜんぜんわかんなかったー。

もう、さっぱり。

 

わかったのは

■主人公の人のスーツがステキ heart

■主人公が泊まる部屋がなんかいい感じ key

■次から次へと出てくる人々の「お話」がオモシロい ok

■ビル・マーレイ、久しぶりに見たな~ eye

■工藤夕貴、やっぱり美人だな~ shine

ってことです。

 

でも映像がとてもキレイでした。

 

脚本もジャームッシュ。

あれがジャームッシュ・ワールドなのかな。

ファンの方々にはわかるのだろうか・・・。

 

”難しそうだから・・・”と食わず嫌いしていたジャームッシュ作品。

ごめ~んなさい、やっぱりついてゆけなかったワ heart

 

はい、そんなこんなでやること山盛りです。

お仕事モード、がんばりまっす sun

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本でもギリギリか?

「聖・おにいさん」(セイント・おにいさん)というマンガを買いました。

これは「KiKiふぉれすと」

YUKI工藤和也氏に教えてもらった漫画なんですが、なんかかなり笑っちゃいます。

仏教とキリスト教の祖、ブッダとイエス

天界でのお仕事を休んで、日本の立川にアパートを借りて

下界でバカンスを楽しむっていう設定なんです。

ブッダの生涯とか、キリストの奇跡の話とかを

ちょっとでもかじってれば十分面白いと思います。

でもこれ、敬虔な仏教徒・キリスト教徒さんには怒られると思います。

下品とかではないんだけど、やっぱり笑わせるために解釈を面白くしてるし、はっきり茶化してるし。

日本以外の国だったら絶対、訴訟とか起こされると思う。

いや、日本でもギリギリなんでは?

 

というわけで、演奏会情報UP!

←『睡足軒の森 文化の祭典』11/23

よろしくおねがいしまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡足軒の森・文化の祭典

『 睡足軒の森(すいそくけんのもり) 文化の祭典 』

住所:新座市野火止1-20-12

睡足軒の森とは、国指定天然記念物平林寺境内林の一部に建つ草庵です。 11月14日~30日まで様々な企画を提供するのが「睡足軒の森 文化の祭典」。 秋の午後、茅葺の田舎家・草庵にて琵琶の音はいかがでしょうか。

■入場無料、要予約

11月23日(月・祝)

10:00~ 「紅葉呈茶」小杉宗博社中(お茶・野立て)

13:30~ 「琵琶の調べ」谷中琵琶Style(約1時間)

18:00~ 「声に出して楽しむ平家物語」声優・田原アルノ氏

■睡足軒の森には駐車場がありません。下記の交通機関をご利用下さい。

※いずれも、西武バス「平林寺」下車徒歩1分

志木駅南口 ⇔ ひばりヶ丘駅北口

朝霞台駅南口 ⇔ 東久留米駅東口

大泉学園駅南口 ⇔ 新座駅

■お問合わせ、ご予約↓

新座市教育委員会生涯学習課

Tel:048-477-1111(内線1835)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝わるかもね

今日(24日)は、芸大内のホールで

アンサンブル室町のワークショップ&コンサートでした。

 

演奏中に指揮のテシュネ先生と目が合って

2人でニヤリと笑いあってしまったり、

ある人は思いっきり社長出勤したり、

控室があるんだかないんだかよくわからなかったけど

結局、控室として勝手にお借りした部屋で

おバカ話で大盛り上がりしたり、

色々あったけど、

終わってから思うのは、

伝えようと思う気持ちを本当に持って演奏すると

ほんの1mmだけ伝わるかもね!

ということでした。

 

まぁー、当たり前のことなんですが。

自分ひとりで出来ることなんて、たかが知れていて

10のうち、0.1くらいしか力にならないかもしれないけど

たかが知れてるからって自分が何もやらなかったら

0.1も進まないんだなー、という感じ。

いやホント、当たり前なんですが。 

 

いや逆に「伝えたい」ってなんだろう?

演奏してるときは、直接的にお客様に向かって

「伝えたい」と思ってるわけではなく、

どっちかというと、

「自分の中でどう思い込んで弾いているか」ってことなのかも?

こうしたい! こうなんだ!! 

私は!この曲は!この音は!こうなんだ!!!

ぐお~~~~~!!!!!

って感じかなぁ・・・?

 

あ~もうわからん。

 

眠くてもうわからんです。

 

とにもかくにも、

ご来場いただいたお客様、

開催のためにご尽力いただいた皆様、

本当にありがとうございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょこちょこ作ってます

最近、お芝居のBGMや、和歌を琵琶歌にしたり、と

色々ちょこちょこと作っています。

コレって結構たのしいのです!

でも、期限まで時間が無かったり

作らなきゃいけないものが重なってたり・・・

ちょっとツライところもある・・・。

でも楽しいですよ! 

お芝居のBGMとかも、

そのシーンの解釈とかを打合せで聞いてから、作っていきます。

このビミョ~な解釈が、けっこう面白い。

脚本家とか、お芝居をつくっているそれぞれの人達の

いろ~んな、ビミョ~な解釈がおもしろい。

琵琶は「物語を語る」楽器なので、

お芝居とかにはむいているのかな???

う~ん、それは賛否両論です。難しいところですかね~。

 

というわけで、BGMのお仕事も含め

演奏会情報をいくつかUPしました!

10/24 『アンサンブル室町』

11/7 『野獣、恋のバラード』

11/18 『日本音楽集団197定期演奏会』

11/27 『石井和子朗読ライブ5”姨捨”』

 

またちょこちょことUPします。

チケットなど、お気軽にクボタまでお問い合わせください!

よろしくおねがいしまーす!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石井和子/朗読ライブ5 姨捨 

石井和子さんの朗読ライブで、少し琵琶を入れます

『 姨捨 ~をばすて~ 原作:堀辰雄

Wobasute1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年11月27日(金) 

昼の部/14:00~ 夜の部/19:00~

開場はそれぞれ開演30分前

蓮華寺 本堂 

文京区白山2-38-11 

都営地下鉄三田線「白山駅」A1出口より徒歩3分

入場料 : 3,000円

お問合わせ:03-3779-3155(トン・トン/石井和子朗読ライブ事務局)

 

元アナウンサー、気象予報士の石井和子さんの朗読ライブです。

まずお天気をからめた石井さんのトークがあり、その後、堀辰雄原作の「姨捨」の朗読があります。

朗読に琵琶をちょっと入れてます。歌も少し歌います。

~ わが心 なぐさめかねつ さらしなや 

           をばすて山に てる月をみて ~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本音楽集団第197回定期演奏会

日本音楽集団 第197回定期演奏会

~秋によせる~

197teiki  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年11月18日(水)

19:00開演 18:30開場

第一生命ホール(晴海トリトンスクエア)

都営大江戸線「勝どき駅」A2a出口より徒歩8分

<入場料>

前売りA5,000円 B4,000円 C3,000円 (当日各席+500円)

 

久保田は、新曲、SF交響ファンタジー、日本狂詩曲に出演予定です。結構大変そう・・・。がんばりまっす!

チケットあります。久保田までご連絡下さいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

影絵詩劇 ”野獣、恋のバラード”

日本ワヤン協会公演 影絵詩劇

『 野獣、恋のバラード 』 

ボーモン夫人原作 ”美女と野獣”より

Wayan1107  

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

  

2009年11月7日(土)

18:00開演 17:30開場

日暮里サニーホール

JR・京成線 日暮里駅南口より徒歩1分

入場料=2,500円(当日3,000円) 全席自由

 

ジャワの芸能、「ワヤン」の公演です。影絵のお芝居ですが、影絵のスクリーンの表からも裏からも見れます。とてもキレイで不思議なお人形と、独特の世界観、それに琵琶の音を入れてお届けします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンサンブル室町 ワークショップコンサート

Ensemble Muromachi

workshop concert

 

Muromati1024  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

2009年10月24日(土)

ワークショップ・・・13:00~

コンサート・・・17:00~

東京芸術大学 音楽学部構内 第1/第2ホール

東京都台東区上野公園12-8 

一般3000円/学生2000円/芸大生1000円

「アンサンブル室町」は和楽器とバロックの楽器による世界初めてのアンサンブルです。初めて開催する今回のワークショップでは、演奏会も楽しんでいただけます。これは、全ての方に---作曲家の方々をはじめ、音楽家、愛好家、そして経験の多寡を問わず音楽を愛する皆様に---開かれたイベントです。ご一緒に、21世紀の幕開けに生まれ来る創造の力を、お祝いしようではありませんか。(チラシより)

<<ご予約お問合わせ>>

TEL)090-7632-5653

Mail)arts-performance@docomo.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覚えていますか?

以前このブログに書きました、

「大きい骨も食べられる魚の煮つけ」ですが、

鹿児島で食べてまいりました。

これです↓

Teisyoku 

 

 

 

 

 

定食屋さんのお昼の定食

この魚の煮物、魚のあたまなんですが。

Sakana1  

 

 

 

 

 

あたまって・・・食べるところあんまりないのに。

Sakana2 

 

 

 

 

 

ほ~らね。

あごの骨はちょっとだけ固かったけど

皮も、頭の骨も、ぜーんぶ食べられちゃう。

コロっと残ってるのは眼球です。うわー。

 

この骨の食感ですが

覚えていらっしゃる方いますでしょうか、

「カルボーン」っていうお菓子を。

お菓子っていうか、駄菓子だったかな~。

カリっとしてサクサクっと溶ける感じの食感。

あの食感に似てます。

 

どうも2.3日煮込むらしいんですよ。

でもよくぐちゃぐちゃにならないですよね~。フシギ

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

底辺だと思われます

どうもこんばんは、

インフルエンザワクチン摂取の優先順位で言えば、

かなり底辺のあたりにいると思われる

琵琶弾きという職業のクボタです scissors YES,We Can sign03

 

よくわかりませんが。

 

でも大丈夫。

インフルエンザに罹ったとしても、気合いで治しちゃうから。

っていうか、絶対に罹りません

絶対に罹りません sign01poutsign01

二回言いましたけど。

この時期に病気に罹ったら本当にアウトです。

仕事行けなくなったらどうなるのだろう・・・

おそろしやおそろしや・・・

 

でも昔、演奏家の先輩方と、似たような話をしたことが。

大抵の方々は世の中に必要なお仕事をされているわけですよね。

政治家さんも、職人さんも、

小さな会社の事務員さんも、大企業の社長さんも、

どんな方だって世の中が回っていくため

shine 必要な方々、必要なお仕事 shine なわけですよね。

 

そういう観点からいくと、 note 音楽の演奏家 note というのは

実質、世の中の役に立っているのか?

というか、必要なのか・・・?

 

やっぱり底辺なのかっ shock sign02

 

それを考えると・・・・・・おそろしや、おそろしや。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の☆わんこ

昨日は、 

午前中にお稽古

午後にリハ

そして飲み会 beer

 

充実してるのかしてないのかよくわかりませんが、

なんか頑張りました。

お稽古とリハがあったので、琵琶を持って歩いてました。

いやー、台風typhoon がくる前でよかったぁー coldsweats01

雨は降ってましたが、

暴風雨じゃなかったのでギリギリオッケーgoodsign01

台風の時にリハとかあると、もうどうしていいのかわかんない。

あたい、どうしたらいいの sign02

この琵琶という楽器をどうしたらいいのっ shock sign02

って感じになっちゃいます down

 

で、飲み会 beer はですね、

私がまだちゃんと社会人としてまっとうに働いていたころ

(いまでもちゃんと琵琶弾きとして働いてますけど、まっとうかどうかは・・・自信ないです)の、

会社の先輩方との飲み会でした。

9年ぶりくらいにお会いする方とかもいて、

なんかなっつかし~shine感じでした。

 

でもー、前にもこういうことあったんですけど、

皆さん、ほとんど変わらないんですよねー。

すっごい太っちゃった、とか

すごい老けちゃった、とか

スピリチュアルな体験をして悟りを開いちゃった flair とか

宇宙人にさらわれて眉間に機械を埋め込まれた impact  とか

そういうビックリなこともなく、

「お久しぶりです~、でも・・・変わんないですね coldsweats01 」って感じでした。

懐かしい人たちと、おバカ話をして、

美味しい韓国料理 restaurant を食べて、

店のテレビ tv を見ながらみんなであーだこーだ言い、

ここは家かっ!家の居間かっ!ってな感じで

楽しかったです~☆

 

がっ!

 

「楽器持ってきてるんだからちょっと弾いてよ」

ということになり。

うわお~。

まいっちんぐ。

 

韓国料理屋さんで、

ちょっと琵琶弾いちゃった。

うた、唄っちゃった。

そして

歌を聞いてた隣のお店のおじさんから

レトルトカレー2箱もらっちゃったhappy01

ギャラ。

ギャラがカレー。

やったね wink 、ありがとうございまっす sign01

 

面白かったですね~shine

また行きたいでっすrockdash

でも、次回は琵琶なしで。

だって、ちょっと、やりづらいです・・・

 

そして、そこの韓国料理屋さん。

たべもの屋さんなのに、わんこがいた。

店にワンコ dogがいた。

かわいい heart04

その名もホッピー heart

Hoppi  

  

 

 

 

  

目の前のデザートのアイスから目を離せないホッピー。

太るからあげなーい。

とってもよい子のホッピーなのでした heart

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有形文化財

昨日、一昨日と、

国の登録有形文化財のお屋敷で演奏してきましたーhappy01

まず一昨日。

千葉県我孫子市にある『相島芸術文化村』。

こちらは江戸時代に手賀沼開拓に尽力した「井上家」のお屋敷。

こちらで催されました「月見の宴」に、出演させていただきました。

昼はちらほら雨が降ってるし、雲は切れないし、

う~ん、残念だけど

お月さまは見えないかなぁ~think

と思っていたら、チラリと顔を見せてくれましたー!

それに、月が雲の後ろに回ってしまっても、

雲の切れ間から煌々と輝いている月の光が、

逆に幽玄の世界を作っていました。

う~ん、ステキ~shine

そんな中、お食事もお酒もフリーで、

琵琶の演奏あり、ジャズの演奏あり、

そして、知らない人同士が挨拶しあい、語りあい、

なんだかとってもステキな夜でしたconfident

 

そして昨日。

埼玉県川口市の登録有形文化財、「旧田中家」。

こちらは同じく旧家の「田原家」から川口市に寄贈された

ものすごい日本画を一般公開した展覧会の初日。

オープニングイベントとして、

笛の奏者、望月翔太さんと出演させていただきました。

我孫子市の「井上家」が純和風建築なら、

川口市の「田中家」は洋風建築が入ってきたころの洋館です。

大正ロマンのお屋敷、って感じです。

今回の展覧会の作品もすごくて、

横山大観、なんて私でも知っている大家の作品が、

ガラスケース越しでもなく、和室に飾ってあったりするのです。

そして初日はお抹茶と和菓子がふるまわれ、

笛と琵琶の演奏を聴いていただきました。

うぅ~ん、ぜいたく~happy02

 

そんな心が洗われる土日を過ごさせていただき、

今日は芸大でリハ

ちょっと難しい曲ばかりで必死でした。

汗をかきかき頑張ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お月見と日本画

びっくりすることに、

全くと言っていいほど

演奏会情報を

UPしていません。

 

というわけで、

「月見の宴」「田原家コレクション巡回展」

←演奏会情報にUPいたしました☆

 

びっくりすることに

明日と明後日です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田原家コレクション巡回展

田原家コレクション巡回展~近代日本画の巨匠たち~

オープニング記念「邦楽コンサート」

篠笛:望月翔太  琵琶:久保田晶子

Taharake104omote

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Taharake104ura

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時 : 2009年10月4日 11:00~、14:00~

(展覧会は10/4~10/11まで。5日は休館日)

場所 : 旧田中家住宅(国登録有形文化財)

川口市末広1丁目7番2号

入場料 : 無料 ( ただし旧田中家観覧料200円は要)

「田原家」所有の日本画が、平成20年に川口市へ寄贈されました。

市民の財産として保存するにあたり、多くの方々へ広く公開しよう、と企画された展覧会です。

オープニングイベントとして、篠笛と琵琶の演奏をお聴きいただけます。

お問合わせ先: 川口市文化推進課tel048-258-1116 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月見の宴

相島芸術文化村 『 月見の宴 』

Aizimatirasi  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時 : 2009年10月3日(土) PM6:00~PM9:00

相島芸術文化村 : 井上家(登録有形文化財)

千葉県我孫子市相島新田1

HPはコチラ→http://www.aijima.jp/

会費 : ¥10,500

「月見の宴」として、お食事やアルコール、甘味barなどとともに、音楽を楽しんでいただく、という企画です。

相島芸術文化村の「井上家」は情緒あるお屋敷で、国の登録有形文化財となっています。

こちらの倉や主屋では、たびたびイベントをしたりしているそうです。

今回は、倉でジャズ、主屋で琵琶演奏をお楽しみいただきます。

問合せ先: 相島芸術文化村 mail:info@aijima.jp

 

都心よりかなり離れておりますので、交通手段等をご確認くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェ、フェルト生地!?

最近ますます涼しくなり、秋の夜長に鳴く虫たちの声に風情を感じる今日この頃、皆さんはいかがお過ごしですか?

私は、カシミアのマフラーがフェルト生地に変身して

ショックを受けています。

 

ご説明申し上げます。

カシミアの水色のマフラーを持ってまして。

それは”ストール”と言ってもいいくらいの大きさがありまして。

手触りもやわらかくてとっても着心地良く、

色も好きで、ここ数年かなり愛用していました。

ええ、だれがなんと言おうと、かなり気に入ってました。

そのマフラーを今年の3月か4月ごろにクリーニングに出しまして

それをクリーニングのビニールに入れたまま、しまっておきまして。

あとは、お察しの通りです。

最近ちょっと涼しくなってきて、でもジャケット着るほどじゃないし、かといってこのままだと夜は寒いな~、おぉ!あのマフラーをストール風に着ていこ~っと!

浮かれ気分で、なにも知らずにタンスからひっぱりだしたわけですよ。

鼻歌まじりnoteにビニールを破いて~・・・

・・・・・・・・・・・・・おや?

なに、この手触り。

 

フェルト?

フェルト生地???

か、かたっ!!

固いよ、アンタ!いつからこんなに固くなっちゃったの!?

しーかーもーーーーーー。

ちぢんでるしっ!!!

ちっちゃいよ、ちっちゃくなっちゃってるよ!!!

あんたの、あの柔らかさは?

そしてあの大きく優しく包んでくれるような温かさはどこへ行ってしまったの?

あんた、変わっちゃったのね・・・。

 

もう昔の姿には二度と戻りません。

ほんとにショック・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »