« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

ありがとうございました!

28日、29日の

谷中琵琶Style”巡~めぐる~”

たくさんのお客様のご来場、

誠にありがとうございました!!

 

今回も、前半は古典、後半は新作を演奏しました。

古典は、

「敦盛」を私が、

「壇ノ浦」を相方の川嶋が演奏しました。

敦盛ってすごいんですよ。

まだ少年(15歳くらい)なのに、

「自分は何たるか」というのを知って

それを覚悟して生きていたし、

その覚悟・信念のまま死んだんです。

少しでもそういうものを伝えられたらと思います。

 

新作では琵琶の二重奏を委嘱しました。

その名も「琵琶二重(びわふたえ)」。

後半のテーマとして使いたいので、

〇こ難しい現代曲ではなく聴きやすいメロディックな感じにして

〇テーマとなるような耳に残るフレーズを入れて

〇暗すぎず、明るすぎず、そんな曲にして

〇ぜったいこの調絃で!!

〇その他諸々・・・

というような無茶な注文をつけて作ってもらいました。

こんな無茶をすべて了解して、

しかもその通りに作曲してくださった簑田弘大さん、ありがとうございました。

お客さまからもたくさんご好評をいただくことができました。

 

私も、秋田県鹿角の民話「錦木(にしきぎ)」を作詞・作曲しました。

毎日毎日、想う人に求婚し続ける男性と、

それを受けたくても受けられなかった女性のお話。

その「錦木伝説」に対して長編詩を書いている石川啄木。

啄木は一時期、今回の会場となった本郷に住んでいました。

相方の川嶋信子は、

啄木や啄木の奥さんの日記や書簡、

歌をテーマにした作品などを作りました。

 

今回の会場は文京区本郷の求道会館。

ご来場いただいた方、

美しかったでしょ~?求道会館!

響きもすごくよいんです。

谷中琵琶Style、というか

琵琶は基本的に音響(マイク)を入れずに

なま音で演奏します。

あの会場の大きさで、なまの音量でいけるかな~?

と思ってたのですが、ぜんぜん大丈夫でした!!

しゃべっているときとかは聞こえづらいかなと思いましたが

歌や琵琶の音は全く問題ありませんでした。

美しくて、オーラがあって、響きもよい求道会館。

そして舞台の上には菩薩様が!!

近くで見れば見るほど綺麗で綺麗で綺麗な美しい菩薩様です。

あの曲線とか、手の、手の感じ。

立っている足さき、かかとから背中・首や頭までの

すこーしだけ前傾の、微妙な曲線とか

肩から胸のするっとした静かな呼吸の感じ、

あの繊細な指先とか、

あの静かな静かなお顔とか

なんていうのか・・・ものすごく、ものすごく、

ちょっと触ってみたい。

だってだって!!

もしかしたら、もしかしたらちょっと柔らかいんじゃないかな、とか。

もしかしたら、もしかしたらちょっと生暖かいんじゃないかな、とか。

もしかしたら、もしかしたらもしかしたら!

このかすかに甘い匂いは

菩薩様から香っているのかな、とか。

そんな錯覚すらおぼえる菩薩様の像でした。

その菩薩様を背にしての演奏。

バチあたりかな・・・

と言っていたら、管理運営をされている方が

「菩薩様は何でも許してくださいますよ」とおっしゃってくださいました。

わー、でっかいなー!

なーんか地球規模ででっかいぞー!

 

求道会館さん、菩薩様、ありがとうございました。

 

そして。

そして何より。

事前にご予約いただいたにもかかわらず、

見えにくい位置にお座りいただいたお客さま、

また、椅子席で詰めてお座りいただいたお客さま、

本当に申し訳ございませんでした。

今後、このようなことがなきよう

反省し改善してまいります。

誠に申し訳ございませんでした。

 

また、今回は今までより会場も大きく、

ご協力下さった方々や、

スタッフとしてお手伝いしてくださった方々の人数も多く、

谷中琵琶Styleとしては節目の会だったと思います。

3年前は、川嶋と私、手伝ってくれる主要の人が3人。

5人で始めた「谷中琵琶Style」。

これからどうなっていくのでしょう。

わたしにもわかりません。

誠実に、一生懸命やっていきます。

 

本当にありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

谷中琵琶Style 巡 ~めぐる~

(いつもの日記はこの情報の下に更新されていきますヨ)

 

Meguruomote_6  

 

 ←チラシ表

 

 

 

 

 

 

 

 

Meguruura_6

 

←チラシ裏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

( ↑クリックすると拡大されます)

谷中琵琶Style vol.5 ”~めぐる~

4月28日(火)19:00~

4月29日(水・祝日)15:00~

28日、29日ともにご予約で満席となりました。

チケット完売いたしました。

(当日券は発売いたしません。)

まことにありがとうございます!!

開場は開演30分前です。

会場 : 求道会館(きゅうどうかいかん)東京都指定有形文化財

      東京都文京区本郷6-20-5

 

<第一部> 古典曲

平家物語より 「敦盛」 「壇ノ浦」

<第二部> 新作 

石川啄木に想いを寄せた”人生をめぐる物語”、啄木の詩にも引用されている「錦木」、また簑田弘大氏に委嘱した新曲「琵琶二重(びわふたえ)」 など・・・

料金 : 予約・当日¥2,500  店頭販売¥2,300

※店頭販売は谷中・根津・千駄木近辺のお店、4か所です。また、文京区民の方20組40名様を抽選でご招待いたします。 詳しくは谷中琵琶StyleのHPにて!

 

予約・お問合わせ :

谷根千・音楽の巣プロジェクト(エンパブリック内)

tel)080-3057-4689  E-Mail)biwastyle@empublic.jp

谷中琵琶Style HP ) http://music.geocities.jp/yanakabiwastyle/

 今回も古典と新作、両方やります。会場の求道会館は仏教施設ですが、まるで教会のようなとーーーーーっても素敵な美しい建物です。ぜひ来てください!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

必死です

谷中琵琶Style~巡めぐるの公演ですが、

4月28日、29日ともに

ご予約で満席となりました。

本当にありがとうございます。

本当にありがとうございます。

本当にありがとうございます。

 

つきましては、当日券の発売はございませんので

ご了承くださいませ。

 

もう本番目前です。

最後のお稽古頑張らせていただいております。

もう必死ですsad

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新・食・感

鹿児島・笠沙ばなし、第二弾。

 

昨日、ブログに書いた

「うちの小学校、全校生徒数29人」

の話をしていたのは、

お昼ごはんを食べた

定食屋さん?みたいなお店でした。

 

私はお刺身定食なるものを食べてたんですが、

他の地元の人達がみんな「アラ煮定食」だったんです。

まぁでも普通においしくいただきまして

そしたらアラ煮定食陣の一人が骨を残してまして

でもそれ、普通でしょ。

でもでもでもでもねーー。

「Yさん、なんで骨残してるの~?」って他の人が。

他の人のお皿をよく見たら、

全く骨が残ってない・・・

 

ええぇぇえ~~~?

 

だって結構おっきな魚のアラ煮ですよ。

骨だって、「小骨」って感じじゃないし。

がっつり「骨」ってやつですよ。

でもそのお店のアラ煮は・・・

ほんとうに骨まで食べられた

びっくり。

ほんとうに、びっくり。

度胆抜かれたとはまさにこの事だよえぇ?

これ、骨?

なにこれ、ほんとに新食感! 

なんか、なんていうか・・・

ちょっと硬めの「たまごぼうろ」みたいな感じ?

変わった形のラムネ(お菓子)みたいな食感?

『なんじゃこりゃあ!!(゚ロ゚)!!(゚ロ゚)!!』

ってリアルに叫んでしまいました。

すっごい美味しかったです。

次回はアラ煮定食に決定だーー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上には上が

おいどんは、

昨日、おとといと鹿児島県の笠沙(かささ)っちゅうところへ

行ってまいりもした。

南さつま市っちゅうところですたい。

鹿児島県の西のはじっこのはじっこですたい。

 

そこはね。

すごいんですよ~~~。

海やら山やら崖やら

見たことない景色が大パノラマで広がっております

ほんとに素晴らしいんです。

お魚もおいしいでごあす!

人も優しいんでごあす!!

焼酎も美味しいらしいでごあす(クボタは呑めない)!!!

ぜひ一度行ってみてほしいでごあす!!

宿泊するならココ!

『笠沙恵比寿(かささえびす)』へGO!!

笠沙の岬から海へ突き出たところにあるホテルです。

ステキなところですよ☆

東京から飛行機とレンタカーで約4時間半は軽くかかるけど。

でも意外に近くないですか?

ち、近くはないか。

 

で、そこでお稽古をしてきたんですが、

夜にテレビを見ていたら

鹿児島県の曽於市というとこに

ご当地ヒーローがいると。

その名も「ソオルマン」。

曽於(そお)市だから。

・・・えーと、まいいか。

ソオルレッド、ソオルブルー、ソオルイエロー。

ちゃんと戦隊ものっぽい衣装も着てる。

ヒーローショーみたいに、悪役と戦ってみたりする。

皆さん、地元の青年会?の人らしい。

で、色んな地元のイベントに出ていると。

なんか楽しそう。

見てる方もやってる方も楽しそう。

いいですね、こういうの。

 

子供たちに防犯を説くために

小学校でショーみたいのもやってました。

そこは「全校生徒数55人」の小学校。

す、少なっ!

でも逆に、ものすごい大都会ど真ん中の

小学校もこんな感じなのかも

 

って話を笠沙の人に話そうと思ってたら

「ここの小学校は全校生徒数29人ですヨ」って言われた。

わー。

すいません。

上には上があるもんだー。

そういや、生徒数3人のどこかの島の小学校とかもありますもんね。

そんなに珍しくないのかもしれませんね。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おひさしぶりね~

わたし、わたし、じ、じつは・・・

じつはぁ~~・・・!!!

 

じつは昔、会社員をしていました。

ええ、いわゆるOLですよ。

ま、それはどうでもいいんですが。

新社会人として入った会社で

いろいろ仕事を教えてくれた先輩方とは

いまでもたまにご飯を食べに行ったりします。

 

そのお世話になった先輩方の一人に、

海外へ転勤になっていた方がおったとさ。

それは栄転なのか、飛ばされたのか

左遷なのか、放逐なのか、それはいまとなっては謎じゃ

その先輩が8年経って日本へ帰ってきたんだと。

栄転なのか、左遷なのか、今も謎じゃ。

先日、『おかえりなさいませheartN島さまheart』会が催されたそうじゃ。

 

8年ぶりに見るN島氏、

太って、ちょっと禿げちゃって、

典型的なオジサンになって・・・

 

あれ?( ゚д゚)?

意外に変わってない。

オジサンに・・・なってないじゃん。

 

向こうも言ってました。

「あんま、変わんないね (・_・ )」だとさ。

人ってあんまり変わらないんだなぁ。

あいかわらず、ものすごいオモシロかったし

昔も毎日笑わせてくれてましたsmile

 

自分のおかえりなさいませ会なのに、

ご馳走してくれたし

うーん、太っ腹ぁ~heart04 

 

でもま、栄転なのか左遷なのかは・・・

 

謎じゃ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんなことでは

最近、演奏会情報をUPしてませんね。

こんな事ではいかん!!

いちおう、ブログに載せている演奏会情報は

完全に一般公開のものだけなのですが。。。

だってだってだってもぉ~~

情報UPしなきゃー、とかやってる間に

PCに向かっている時間がすごく長くなっちゃうんですよぉcrying

だってクボタは機械オンチなので。

ブログを立ち上げただけで奇跡shineに近い。

「まずPCを”機械”って言っちゃうところからもうなにか違う」と言われてます。

 

昨日、

「Widowsのwordとかで作った文書をPDFにするにはどうしたらいいか」

という、私にとっては

とてつもなく途方もない宇宙的難問について取り組みました。

取り組んだというか、お友達に聞きました

 

あっさり回答。

 

うへー、すごい簡単でした。

まいった。

 

Kさま、深夜にお疲れのところ脱力系の質問を申し訳ありませんでした。

深くお詫び申し上げます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打ち合わせ

昨日は、

「谷中琵琶Style~巡めぐる~」の会場の

『求道会館』さんへ下見へ行ってきました。

もちろん以前にも行っているのですが、

昨日は受付けや照明、会場や舞台進行の

お手伝いをお願いしている方々も一緒に行っていただきました。

ライブや演奏会って、本当にたくさんの方々に

ご協力いただいて成り立っています。

演奏する私たちだけじゃ、どーーーにもなりません。

なーーーーんにもできません。

特に谷中琵琶Styleは「演奏会会場」として

設備が整っているようなところではあまりやらないので

会場づくりなどにもたくさんの人のお力を借りることになります。

ただ、今回の求道会館さんは

いままでに演奏会もたくさんやっていらっしゃるので

設備もすごく整っています。

何度見ても美しい建物です・・・!!

お手伝い下さる方々とお客様がいて

「演奏会」になります。

皆様ぜひ、ご来場くださいませ!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おなかいっぱい

昨日は、午前中に雑用をこなし、

午後から調べもののため日本音楽集団へ、

夕方からは日本音楽集団の大大大先輩

筑前琵琶奏者の田原順子先生のお家にお邪魔してきました。

 

なんか最近ちょっとハードスケジュールで

昨日もへこたれそうになっていたのですが、

田原先生のお家で

とても幸せな時間を過ごさせていただきました

 

まず、

1)田原先生のお宅にある薩摩琵琶をガツガツ弾いてきた。

お宅にお邪魔しておきながら、

一人で勝手におなかいっぱいぎゃんぎゃん弾かせていただきました。

そんな時にも田原先生

「いいのいいの、こころゆくまで弾いてて。」とおっしゃってくださり。

くぅ~・・・ありがとうございます(むせび泣き)!!

お言葉に甘えて!

甘えすぎ!!

本当にいい音のする琵琶で、

「あ~、やっぱり私は琵琶好きなんだな~」と

再実感しました。

いまさらですが。

 

2)皆さんとすごく楽しくお食事させていただきました。

田原先生宅で、お稽古に来ていたお弟子さんや

先生の旦那さま

お友達の息子さんや、

お弟子さんの彼氏さんや、

真綿教の教祖様(あやしい人ではありません)や

なんだかよくわからないけど、

たくさんの人と大笑いしながら

楽しく過ごさせていただきました。

 

そう!!

そこでまたあの問題が!!

ド田舎者は先に帰らねばなりません・・・。

も~~~~!!!

いっつもこれですよ・・・(泣)

 

でも本当にありがとうございました。

これからもどうぞ、

どうぞぉ~~~よろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おなじ夢

よく同じ夢をみます。

何種類かあるのですが。

 

その中の一つに、

とても見晴らしのいい

山の中腹辺りから

町?というか「郷」を見渡している、

っていうだけの夢があります。

その自分は、

清々しくてすっっっきりした気持ちでいるんです。

風がとおって

空が高くて

木とか葉っぱが日に透けて

とても美しいところです。

ひとりぼっちなんですが、

昔起きた悲しい事を思い返しながらも

でもなんか腑に落ちた感じ。

 

なんか・・・疲れてんのかなぁ。

ここ最近、ちょっと忙しく

「腑に落ちた」気持ちなんて全然ないのになぁ。

変な感じです。

というか、眠いです。

おやすみなさい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

織座・同窓会

4日の日曜日。

昔、クボタも在籍していた「織座」という

アマチュア邦楽合奏団の

定期演奏会を聴きに行ってきました。

その定期演奏会、記念すべき20回目(20年目)でした。

20回って、簡単ではないですよね。

ほんとうに。

 

ちなみに今月28、29日の谷中琵琶Style

自主企画演奏会は5回目です。

ミニライブとかを含めたら、

自主企画は8回くらいかなぁ。

それでもかなり頑張ってるのに

20年って!!

すごいっすよ!!ほんとうに!!! 

おめでとうございます!

新曲を委嘱したり、

プロの指揮者にずーっと指導をしてもらっていたり、

ほんとに気合いの入ったアマチュア合奏団だと思います。

そうそう、織座を退団しても

団員、OBの何人かの方たちとは

仲良くさせていただいてます。

昨日も同窓会みたいになってました。

結構よく会うんですよね~。

京都や大阪在住の方たちにも

年に数回会ってます。

うふふふふ。

楽しいですね~happy01

なんかまた近いうちに会えそうな気がするわ。

なんの約束もしなくてもbleah

 

っていうか、この際行っちゃうか!

京都旅行!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

琵琶もったウサギが飴

こないだ、千駄木・団子坂にある

「あめ細工・吉原」さんにおじゃましました。

で、作ってもらいましたよ

あめ細工を。

Amezaiku1  

 

職人さんの

吉原さんと

ウサギと鶴が

琵琶持ってる

あめ細工。

 

 

 

あぁっ!!

っという間に作ってくれちゃいました。

琵琶の写真と、バチをみせて

こんな感じで楽器を構えるんですよ~って言ったら

へぇ~はいはい、じゃ作りま~す」みたいな感じで。

すごいうれしくて、ものすごいはしゃいでしまいました。

一緒に行った友達に「テンション高すぎ」と言われました。

だってすごいじゃないですかー、ほんとにうれしくてー。

 

ビニールをかけて、

その上から薄いプラスチックのタッパー?

というかカバーに入れてくれました。

「それでも壊れやすいから気をつけて」と言われたのですが

家に帰ったらこんな状態に・・・。

Amezaiku2  

琵琶

壊れちゃった・・・

 

ものすごーーい

テンション下がりました。

 

がっくり。

お店の中には

もっともっと凝ったあめ細工

いっぱいありましたよ。

ご興味ありましたら、谷根千のお散歩がてらに

「あめ細工・吉原」さんにぜひ行ってみてください。

リクエストにも色々応えてくれるみたいです☆

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

へ、凹みました

ただいまです!

4日間ほどちょっとだけ地方に行っていました。

お仕事させてもらえて本当にとってもありがたいです

というか、また呼んでくださいませ。

ぜひ。

 

最近、ちょっとくらいの地方だと

車で行った方が楽だ、ということがわかりまして。

だってー、琵琶と荷物持って

慣れない土地をえっちらこっちら電車とかバスとか乗るの

結構大変なんですよ。

 

で、今回も車で行ってきたんです。

で、4日間、同じ場所に車を置きっぱなしにしておいたんですね。

で、そこが偶然にも木の下だったんですね。

大きく枝を広げた木の下だったんですね。

「さー、帰ろー」と思って車に近づいたら。

 

鳥のフンだらけ

 

いや。

 

鳥のフンまみれ。

 

「まみれ」っていう言葉がぴったり。

まみれにまみれてました・・・。

ええ、それはショッキングなほどに。

へ、へこみました・・・。

 

 

そんな「まみれ」な車に昨日の深夜乗り込み、

今日の早朝に帰ってまいりました。

そして、午後から明日のミニ演奏会のリハをしてきました。

明日は「谷中琵琶Style」で演奏してきます。

 

4月28日、29日の

「谷中琵琶Style~巡(めぐる)~」の演奏会も

皆さま、ぜひぜひおいでくださいませ!

どうぞよろしくお願いいたします

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »