« うまく言えない | トップページ | ご用心・・・ »

琵琶法師DNAのゆくえ

今日は、板橋区立美術館にて谷中琵琶Styleで演奏させていただきました!

ご来場の皆様、美術館の皆様、誠にありがとうございました!!

たくさんのお客様に来ていただいて本当にうれしくありがたく・・・。

今日のプログラムは

「ゆきあい」

「お七」

「那須与一」

「かごめかごめ」

「順礼歌」

「赤い花白い花」  ・・・でした。

順礼歌は、谷中琵琶Styleのオリジナルの語りものです。

これは、竹久夢二が「傾城阿波の鳴門」という文楽作品を元に

「順礼歌」という小説を書いています。

その小説を元に、今年の5月に作った作品です。

それにしても見ました?北斎の肉筆画。「肉筆」ですよ「肉筆」!

素晴らしかったですね~!!

・・・ウソです。

私は見てないんです。

なんだかんだでバッタバタしておりまして

見る時間をうまく作れなくて・・・(泣)

せっかく本物を見れるチャンスだったのに・・・バカです、あたしゃただのバカです!

でも皆さん、「北斎DNAのゆくえ」と題した展示会

10月13日まで板橋区立美術館でやっておりますので

お時間ある方はぜひ!!観に行ってくださいね。

北斎やその一門の肉筆画が展示されております。

北斎の流れをくむ、また影響を受けた絵師さんたちの作品展です。

さて、江戸時代より以前から連綿とつづく、

琵琶法師たちのはじっこのはじっこに私もいるわけですが、

さて、そのDNAは受け継がれているのでしょうか・・・?

そのDNAがコレ↓だ!!

(関係者の方から「色紙にサインを」と言われ、

谷中琵琶Styleの二人で書いたもの)


ひどすぎる~~!!

こわいほどひどすぎる~~!!

宇川さん、坂本さん(サインを依頼してくれたお二人)申し訳ございません~~~!!!

サインってどうすればいいんですか・・・(泣)

|

« うまく言えない | トップページ | ご用心・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おにま様→

はじめまして!コメントありがとうございます!
アランさんのところでのライブに来ていただいたんですか?
重ねてありがとうございます!!
あのライブ・・・なつかしい。
谷中琵琶Styleの初のライブで、色々反省点の多い会でした・・・。
(今でも反省が多いですが・・・)


今までも「サインを」と言われたことはあるんですが・・・特に作ってないんです。
いわゆる芸能人さん達がするような「サイン」とかは、なんとなく自分には気恥ずかしくて。
でもサインをデザインするお仕事もあるんですねー!
そうですよねー、デザインの一環なんですねぇ。
こんなくだらないブログにちゃんと具体的にアドバイスを下さって、ありがとうございます!
今後とも機会があれば遊びに来てください!

投稿: くぼきん | 2008年10月 3日 (金) 01時23分

久保田さん、初めまして。

川嶋さんの所から飛んできました。
谷中琵琶Styleをアトリエ・アラン・ウエストで聴かせていただいたことがあります。これからも頑張ってください。

さて、サインの件ですが、ひどい(失礼、笑)ですね~。
これは色紙への「サイン」というより、いわゆる「自署」ですよね。

見栄えが良くて、枚数を短時間で書くということになると、くずし字や一筆書きが多くなります。
久保田さんたちのように、読めるように一字ずつブチ切るのではなく。
芸能人はどうするかというと、自分で考える場合も専門家に依頼する場合もあるでしょう。

ですから、例えばこんな専門家もいるわけです。
http://www.nozomistudio.com/m-dgn2.htm
http://41sain.moo.jp/index.html

「サイン」はデザインの範疇ですから、どんな形でもありの世界です。
ご自分でいろいろ字をデザインして考えるのも楽しいかもしれませんね。

投稿: おにま | 2008年10月 2日 (木) 16時26分

かねごん→

そうアルか?
これって実は、琵琶法師的にはびみょーな問題でもあるのだ。
確かに物語をわかって欲しいから現代語で語りものを作ってはいるんだけどねぇ。
古典となるとやっぱり難しいよねぇ。
うぅ~ん。

投稿: くぼきん | 2008年9月27日 (土) 04時39分

毎度。

よかった所を言うの忘れてました。
今回、もらったパンフレット。
シンプルだけど、よかった。内容が。
歌詞やら解説やらが書いてあって、シロウトにも非常にわかりやすかったです。古典なんかはどうしても音だけではわかりにくいところ、ありますよね??
めんどうかもしれませんが、ぜひ次回の谷中琵琶でもやってみたら良いのでは?


と、うちのダンナ殿が申しておりました。

かねごんもそう思うアルヨ。

投稿: かねごん | 2008年9月25日 (木) 22時23分

YUKIさん→

びっくりさせてしまって申し訳ないbleah
書いた私たちもびっくりですアハハーscissors
練習って言っても・・・どうやって書けばいいのかわからんズラsweat01

かねごん→

「世界のナベアツ」のノリですね。
世界のくぼきんにはならなくていいけど
もうちょっと色々と頑張ります。
トークkaraokeとかね。


投稿: くぼきん | 2008年9月24日 (水) 20時40分

板橋お疲れ様でした。
満員御礼でなによりです。
展示、見なかったの!?もったいない。

いつか、久保田が「世界のくぼきん」になったときのために、かねごんもサイン貰っておくことに決めた。そんなわけで、「琵琶トーク」の練習と一緒に、サインの練習もしておくことをおすすめいたしまする。


だって。ひどすぎるもの・・・・。

投稿: かねごん | 2008年9月24日 (水) 18時09分

イキ゛リスノウツクシイケイキオヨコメニ、
マシ゛sign03
ヒ゛ックリシタァ~gawk
ヒャクマイ クライ シキシカッテ レンシュウシヨウsign03

投稿: YUKI | 2008年9月24日 (水) 02時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520845/42571720

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶法師DNAのゆくえ:

« うまく言えない | トップページ | ご用心・・・ »